構造化データマークアップの採用

構造化データマークアップという記述方法を採用することです。
構造化データマークアップとは、HTMLソースコードによる記述方法の一種で、
検索エンジンのクローラに該当のサイトの情報を正しく認識させることを目的に行います。
構造化データマークアップを採用することで、カルーセルやレビュー、
価格などのリッチリザルトが可能になるほか、クローラリビティの向上が期待できます。

 

構造化データマークアップのフォーマットは、以下の3種類があります。

 

・Microdata(マイクロデータ):HTMLに直接記載する形式。
・JSON-LD(ジェイソン・エルディ):デフォルトの形式。
Googleが推奨。
Javascriptでページ内に挿入。
・RDFa(アールディーエフエー):幅広い言語で可能な形式。

 

上記のリッチリザルトなどから、最適なフォーマットを選択します。

 

 

・カルーセル:複数の画像といったコンテンツをスライドさせる方法。
・リッチリザルト:検索結果に検索キーワードの答えが直接表示されるような機能。
・クローラビリティ:GoogleのSEO評価が循環する頻度。

 

参考サイト:https://dlab-inc.jp/business/seo/

 

ページスピード高速化

ページの表示速度がSEOの評価項目のひとつとして採用されています。
Googleは2018年にページの表示速度がモバイルの検索結果に影響することを発表しています。

 

それだけでなく、ページの表示速度が遅いと、
サイトを訪れたユーザーが十分に情報を閲覧する前に退出する可能性があります。
そのため、ページの表示速度の改善も重要なSEO対策のひとつです。

 

ページのスピードを高速化させるためには
・HTTPリクエストの回数を減らす
・PHP、WordPress、プラグインのバージョンアップ
・ファイルを圧縮、軽量化する

 

など複数の方法があります。
サイトに使用している画像の数やPHPの有無など、
サイトに応じて高速化を図りましょう。

 

E-A-T対策

「E-A-T」とは、
E-Expertise(専門性)、
A-Authoritativeness(権威性)、
T-Trustworthiness(信頼性)です。

 

これらは、Googleの検索品質評価ガイドラインにおいて
「ページ品質評価の最重要項目」と定義されているため、
SEO対策をする上で欠かせません。

 

専門性では該当のサイトがその分野において専門的な情報を提供できているか、
権威性では信頼のおけるサイトであるか、
信頼性ではサイトを訪れたユーザーが記載の情報を信じられるかについて、それぞれ評価されます。
専門的かつ高い信頼を得ることができるサイトづくりを心がけましょう。

TOPへ