検索エンジンを利用するユーザーのニーズを知る

何かを調べる場合、
googleなどの検索エンジンを利用するのが一般的です。

 

検索キーワードを予測し、
ユーザーが求めている情報を把握して
コンテンツを作成していくことが必要です。

 

ユーザーが求めている情報と
ホームページにある内容が一致していないとそのページの評価は下がり、
検索エンジンの順位も下がっていきます。

 

常に検索キーワードとページの内容に気を配り、
記事の最適化をしていくことが大切です。

 

 

ユーザーのニーズと結果が一致する!検索エンジンの目的とは

検索エンジンはユーザーが知りたい情報を的確に検索結果として表示するのが目的です。

 

様々な検索エンジンがありますが、
よりユーザーが求めている情報を的確に表示できるように
日々アルゴリズムの改善やメンテナンスが行われています。

 

被リンク数やサイトの内容などから検索結果を表示しており、
より有益な情報があるサイトが
上位に表示されやすいように出来ています。

 

 

検索エンジンで検索すると、
色々な情報が表示されますが、
その本当の目的は検索した時に出てくる広告をクリックしてもらう事です。

 

クリックすれば相手側に報酬が入り、
広告を利用すればさらに相手側に報酬が入ります。

 

検索エンジンの会社側も少しでも
相手が自分とこで検索してもらえるように精度を上げる工夫はしています。

 

なぜなら役に立たない情報ばかりなら、
他の会社で検索するからです。

 

 

Googleなどの検索エンジンはコンテンツの内容を重要視します。

 

何故なら、ほとんどの人は何かを知りたいから
検索エンジンを利用しているためです。

 

そこで自分の知りたい情報とマッチしたホームページを、
検索エンジンの上位表示をして制度を上げるのが目的だからです。

 

検索キーワードに最適なページを常に検索エンジンは探しているため、
その精度は日々向上しています。

 

 

最後にグーグルが公式フォーラムで
こんなことを言っていました。

 

いくら良いコンテンツでも 外部リンクがなければ、上位表示できないと・・・

 

外部リンクの獲得も大事だということですね。

 

検索エンジン, 目的,アルゴリズム

TOPへ