googleスターターガイドってなんだろう?

googleスターターガイド(検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド)とは、
seo内部対策の基本事項が記載されているドキュメントです。

 

当初googleの社内向けに作成したドキュメントでしたが、
seo内部対策のニーズの高まりとともに
一般ユーザーにも解放されました。

 

このドキュメント内には、
googleの検索結果で
上位にヒットしやすい対策方法が記載されています。

 

 

2017年まではpdfで見にくかったのですが
2018年からwebに変更されたので
とても見やすくなりました。

 

googleスターターガイド(検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド)

 

 

検索エンジン最適化(SEO)は、
ユーザーのニーズに答えるために行うべきだということ。

 

検索エンジンはユーザーの 1 つであり、
他のユーザーがコンテンツを見つけるのに役立ってる情報を記載するべきということ。

 

検索エンジン最適化は、
検索エンジンがコンテンツを理解して
他のユーザーに提示するのを助けるためのものであると書かれています。

 

主な概要

  1. Google のインデックスに登録されているかどうかを調べる
  2. Google にサイトを表示する
  3. Google がコンテンツを見つけられるようにする
  4. クロール対象外のページを指定する
  5. Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする
  6. 各ページに固有の正確なタイトルを付ける
  7. 検索結果に適したタイトルとスニペットを作成する
  8. 「description」メタタグを使用する
  9. 見出しタグを使用して重要なテキストを強調する
  10. 構造化データ マークアップを追加する
  11. Google 検索結果での表示を管理する
  12. サイトの階層を整理する
  13. 検索エンジンにとって重要なナビゲーション
  14. ホームページに基づいてナビゲーションをプランニングする
  15. 「パンくずリスト」を使用する
  16. ユーザーにとってシンプルなナビゲーション ページを作成する
  17. コンテンツの情報を伝えるわかりやすい URL
  18. URL は検索結果に表示される
  19. コンテンツを最適化する 興味深く有益なサイトにする
  20. 読者が求めているものを把握して提供する
  21. リンクを上手に使う 効果的なリンクテキストを記述する
  22. 「nofollow」でコメントスパムを防ぐ
  23. 画像を最適化する 「alt」属性を使用する
  24. 検索エンジンが画像を見つけやすくする
  25. 標準の画像形式を使用する
  26. サイトをモバイル フレンドリーにする
  27. 正確にインデックス登録されるようにモバイルサイトを設定する
  28. ウェブサイトを宣伝する
  29. 検索のパフォーマンスとユーザーの行動を分析する
  30. サイトでのユーザーの行動を分析する

 

 

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドを熟読して、
対策をしていけば、良質のコンテンツが書けるようになり、
外部リンクが獲得できて、上位表示されるようになるということですね。

seoの内部対策における正確なページタイトルについて

 

ページタイトルとは、
HTML内部のhead要素内に書かれる
ページの内容を示したオブジェクトです。

 

ブラウザのタブなどに表示されるだけでなく、
検索エンジンの検索結果に表示されます。

 

ページの内容と、タイトルの整合性がない場合はseoで不利になるため、
seo内部対策としてはとても重要な要素になります。

 

そのため、ページを制作する際には、記載内容を考慮し、
正確なページタイトルを設定する必要があります。

 

詳細な情報はgoogleスターターガイドに記載されているため、
一度読むことをおすすめします。

descriptionを設定することもメリットになる

googleスターターガイドを参照すると、
descriptionメタタグを設定すると
seo内部対策になると紹介されています。

 

descriptionメタタグは、
googleがスニペットとして利用する可能性があるのです。

 

descriptionメタタグを設定しておくと検索結果の表示時に、
その検索ワードが太文字で表示されるようになります。

メタタグを記載するとseo対策となる

googleスターターガイドを参照すると、
ホームページのコードの中に、
メタキーワードが記載できることが紹介されています。

 

これは、gooleにて検索をしたときに、
検索結果に太文字で文章として記載されるものです。

 

メタキーワードが魅力的な文章であるとseo内部対策になり、
検索結果が表示された時に
検索者の興味を引くことが可能となります。

SEO対策見出しタグを使おう

見出しタグを使うと、文章にメリハリのある、
読みやすいサイトを作ることができます。

 

特に見出しタグの中で最も高い階層にある<h1>タグは、
本でいうタイトルの役割を果たします。

 

適切な見出しタグを使うことによって、
Googleの検索エンジンロボットがページ内容を理解する事にも役立ちます。

 

googleスターターガイドでも紹介されている通り、
見出しタグを正しく使う事によって、
ユーザーに素早く大切な情報を届けられるだけでなく
seo内部対策も万全なサイトを作ることができます。

SEO パンくずリストを使おう

ナビゲーションは有効なSEO対策として非常に重要です。

 

ヘッダーやフッターメニューもナビゲーションの一つですが、
パンくずリストを使うことで更に利便性を向上させることができます。

 

パンくずリストはgoogleスターターガイドでも紹介されている方法で、
1列に並んだ内部リンクの事を指します。

 

ユーザーにとってはトップページに素早く戻れたり、
前のページを探す時間が短縮できたりと、
様々なメリットがあります。

 

パンくずリストを使う事で、
ユーザーにとって使いやすく、
seo内部対策も万全なサイトを作ることができます。

必見!Googleスターターガイドのサイトマップの使い方

googleスターターガイドでは、
ユーザー向けと検索エンジン向けに役立つ
サイトマップの説明をしています。

 

サイトマップとは、
サイト内のページを階層的に表したものです。

 

ユーザーが目的のページを探す時や、
検索エンジンがサイトにあるページを見つけ出すための手助けをします。

 

サイトマップは最新の状態を保ち、
リンク切れがないように注意が必要です。

 

 

 

googleスターターガイドにおけるサイトマップとは、
目的に沿った使い方をサポートしてくれる機能になります。

 

そのため、
効率的な使用が可能となるため
作業時間を短縮してくれます。

 

正しく使用することで大幅に作業を
簡略化することが可能になり、
満足感を高めてくれます。

 

品質向上にも役立ち全体的な完成度が大きくアップします。

 

 

 

googleスターターガイドのサイトマップは、
ページがどのように表示されるかを明らかにしてくれます。

 

ユーザビリティの問題が明確化されることにより、
問題が表示されます。

 

 

効果的なアプローチを可能にしてくれるため、
高い効果が実現されます。

 

見やすさを徹底的に追求してくれるため、
アクセスの向上が期待できます。

 

「サイトマップを使用するときはXMLサイトマップを使用すると、
googleのウェブマスターツールを利用しての送信がおこなわれるようになるため、
あなたのWebサイトが検索されやすくなる」など
主にseoの内部対策のことについて記されています。

 

ホームページのサイトの階層について

seo内部対策ではタイトルタグに
googleの検索で検索されたいキーワードをいれます。

 

このときにキーワードに優先順をつけて前から
優先度の高いキーワードをいれます。

 

 

h1タグにもキーワードをいれます。

 

h2~h6タグはキーワードとは
直接の関係はないのですが
内容を理解してもらうために正しい構成で作ります。

 

 

サイトの階層については特にseoに影響はないのですが、
特定のページに最小限のリンク数で
到達出来るかは意識しなければいけません。

 

まずはじめに
googleスターターガイドを読むことをオススメします。

URLの構造化データを改善することが大切

googleスターターガイドには、
構造化データについての記載があります。

 

特に、URLの構造を改善することが
seo内部対策につながります。

 

ポイントとしては、
URLにコンテンツと関連した単語を使用することと、
ディレクトリ構造を簡潔にすることです。

 

また、
一つのページにはURLは1つだけにすることも大切です。

Googleスターターガイドによるコンテンツ最適化のメリット

経営の原理原則,SEO対策,MBA,コピーライティング,集客方法,タカポン

googleスターターガイドのコンテンツ最適化は、
リアルタイムで最新版に更新しやすいメリットがあります。

 

拡張機能が備わっているため、
コンテンツが見つけやすいように改良されています。

 

クロール対象外のページを支持してくれていて、
ユーザとの距離が近くなっています。
そのため表示を管理する機能がバージョンアップすることで、
サイトの階層が整理できます。

 

 

googleスターターガイドで
コンテンツ最適化することによりSEOに効果的に作用します。

 

サイトを作成する上で、非常に重要な項目になります。

 

必要なアプローチを実践できることにより、
どういった観点でサイトが作成されているのかが明らかになります。

 

求められているニーズが具体化されることで、
ユーザの役に立てるサイト作りをサポートしてくれます。

 

googleスターターガイドは
検索エンジンの運営を行っている
googleがSEO対策として提供しているガイドブックです。

 

Google側がしっかりとコンテンツを理解出来る様にする為、
そして、ユーザーにとって魅力的なコンテンツとなる為のコンテンツ最適化策などが盛り込まれています。
テクニカル要素が強い物ではなく、
考え方や取り組み方を変えるだけで誰でも出来る内容となっているのが特徴です。

 

Webサイト運営者にとっては教科書の様な役割となるので
目を通すのは必須と言っても過言ではありません。

 

 

googleスターターガイドでは、
コンテンツ最適化がseo内部対策に繋がると紹介されています。

 

コンテンツを充実させて魅力的なサイトを作れば、
認知度は自然と高まります。

 

ポイントとしては文章を読みやすく記載し、
トピックごとにコンテンツを整理することが大切です。

 

また、独自で新鮮なコンテンツを作ったり、
ユーザーのニーズを意識したコンテンツ作成が大切です。

 

 

googleスターターガイドでは、
コンテンツを理解させることがseo内部対策につながると紹介しています。

 

コンテンツを直感的に理解させるには画像の有効活用がオススメです。

 

また、画像を載せる際には
そのファイル名とalt属性を有効活用することが大切です。
なお、画像を保存するディレクトリは
専用のディレクトリに一般的なファイル形式で保管すると良いでしょう。

 

 

SEO対策として行おう!画像最適化

サイトへの集客を目的とするならseo内部対策は重要です。

 

ただ、専門性があるので個人でやるには難しいこともしばしばあります。
そこで利用したいのがgoogleスターターガイドです。

 

 

基本的なSEO対策から応用まで詳しくガイドがあり、
これに従うだけでSEO対策をすることが可能です。

 

特に画像最適化は大切で、
画像のせいでサイト全体を重くしてしまう可能性もあるのです。

 

必要最小限に抑えるなど工夫が必要な点です。

 

 

 

Googleスターターガイドの便利なレスポンシブルデザイン!

検索エンジン最適化ガイドである
googleスターターガイドに記載されいている
レスポンシブデザインは、RWDとも呼ばれていて、
サーバーからどのデバイスに対しても常に同様のHTMLコードを配信することで、
CSSを使用することにより
各デバイスでのページのレタリングを変える設定方法のことです。

 

レスポンシブデザインを採用すると同一の画面が
デバイスの画面サイズに合わせて表示されます。

 

 

googleスターターガイドのレスポンシブデザインとは、
検索エンジンの最適化を可能にしてくれます。

 

オンラインコンテンツを所有することで幅広い管理が実現しています。

 

宣伝がスムーズにできることで成長しているサイトの仕組みが分かります。

 

さらには、利用することで基礎知識が包括的に学べるので、
最適な内容になっています。

 

 

 

googleスターターガイドのレスポンシブデザインは、
大きくコストを削減することに役立ちます。

 

なぜなら導入後の人件費等が不要になるからです。

 

対策開始まで圧倒的な速さが実現しているため、
数々のSEO対策ができます。

 

面倒な作業が不要になり、
自動でアップデートしてくれます。

 

スピードを意識することにより、
利益の向上につながります。

 

 

googleスターターガイドを参照すると、
seo内部対策としては、
レスポンシブデザインを採用することを勧めています。

 

レスポンシブデザインとは、
パソコン、タブレット、モバイルなど端末に関係なく
同じURLにてHTMLコードを表示しますが、

 

端末の画面サイズに応じて表示を変更するものです。
適切にインデックスされるように、
モバイルサイトも設定しておくことが大切です。

 

 

Googleスターターガイドのモバイルフレンドリーを徹底解説

googleスターターガイドでは、
最近モバイルフレンドリーに関する記述が追加されました。

 

近年はスマートフォンなどのモバイル端末でホームページを見る人も多いため、
モバイル端末でも読みやすいホームページを作ることが
seo内部対策につながると紹介されています。

 

具体的には、スマートフォンでも読みやすいように、
一文の長さや改行の位置の工夫、
文字の大きさや画像の活用方法が記載されています。

 

 

googleスターターガイドのモバイルフレンドリーは、
存在感を高めるサービスになっています。

 

トラフィックが上回っていることから、
需要が上回っています。

 

そのため、ツールを使用することにより、
全体をきちんと管理できます。

 

そして、リダイレクト先へのアクセスが簡単になるため、
高いパフォーマンスを誇っています。

 

 

幅広い業界から注目を集めているモバイルフレンドリーとは、
googleスターターガイドをサポートする存在です。

 

簡単に上位表示してくれるため、
ビックキーワードが実現します。

 

収益の向上にもつながるため、
爆発的な売り上げが期待できます。

 

効果的に利益につながることにより、
大きな結果が待ち望まれています。

 

関連キーワードが解析されることで、
ニーズを正確に掴み取る仕上がりになっています。

 

コンテンツの質が高い状態で維持されています。

 

 

Googleが作成したSEO対策マニュアル
「googleスターターガイド」には
モバイルフレンドリーというワードがあります。

 

このワードはモバイル、
つまりスマートフォンを代表とする機器に対して、
どの程度サイトが最適化されているかを表すもので、
アルゴリズムによって評価され、
その数値が高いサイトは検索上位に表示されるようになります。

 

 

 


TOPへ