時間をかけてもやっておきたい!SEO内部施策

SEO内部施策を行う上で重要なチェック項目はたくさんありますが、
すぐにでも行えることとして
挙げられるのはリンク切れを起こしていないかチェックすることです。

 

メンテナンスされていないとSEO対策にも影響します。
ページタイトルにもキーワードを含めた上で
分かりやすいものにすると効果的です。

 

他にも、キーワードが入っているページは
画像よりもテキストを表示させるなど
内部施策はやることが多くあります。

 

 

自社のSEOを向上させるには、
サイトのコンテンツ向上だけでなく
内部施策にも目を向ける必要があります。

 

内部施策を高める目的は、
検索エンジンに自社のコンテンツを適正に評価してもらうことです。

 

特定のキーワードが過剰に使われていないか、
中見出しは内容を適切に表しているかなどのチェック項目を設け、
実行しながら成果を確認し、
修正を加えながら向上させることが重要です。

 

 

検索サイトで上位に掲載されるには
内部施策をする必要があります。

 

チェック項目で重要なのは
titleタグに必要なキーワードが含まれているかです。

 

サイトを探すユーザーの道しるべになる部分なので、
テーマに沿ったキーワードが効果的です。

 

 

meta-descriptionはどんなサイトなのか
説明できる対策キーワードを入れますが、
過剰にキーワードを増やすと効果が半減します。

 

h1はサイトページのタイトルになる部分です。
サイトの内容をきちんと伝えられる
キーワードを設定すると閲覧数を増やすことにつながります。

内部対策はSEOツールを有効に活用しよう

内部対策はホームページを目立たせる大切な方法です。
自身で行うのも良いですがseoツールを利用すると分かりやすく素早く対策が出来ます。

 

Googleが公開している
seo-browserはホームページをどう捉えられているかを知る術として利用できますし、
Google Search consoleは
訪問者がどんなキーワードでアクセスしてきたかを把握できます。

 

これらは無料で利用できるので
用意に内部対策をすることが可能です。

SEO内部施策記事一覧

seoの内部対策のなかで重要なものの一つは、キーワードの選定になります。キーワードは人気のあるものが理想的ですが、人気のあるキーワードほど競争が激しいため上位表示されにくい傾向にあります。そこで、キーワードを選ぶためには人気があまり高くないものから選ぶと上位表示されやすくなるでしょう。利用する回数は1000文字に対して5個から8個ぐらいが妥当になり、あまり多すぎても逆効果になるため気をつけなければ...

TOPへ