seo対策の基本を学ぶ本質のビジネスSEO術

本質のビジネスSEO術は、
seo内部対策の基本を学べる教材となっています。

 

4時間46分にも及ぶ音声講義教材と、
PDFのドキュメントがセットになっています。

 

この教材で学習するとSEO対策とライティング戦略の両方を同時に学べます。

 

特に心理学テクニックについての説明があり、
販売戦術などで応用できるのが魅力です。

 

本質のビジネスSEO術&本質のコピーライティング大全

本質のビジネスSEO術で学んだこと

 

検索エンジンのサービスとは
ユーザーが求めている情報を上位表示させて、目的の情報に最短で誘導すること。

 

ユーザーが求めている情報を掲載することが大事

 

あなたがやることは
自身のサービスの良さ、価値を理解して、情熱をもってビジネスをしているのは
あなたですよね。

 

あなたの情熱 熱意がサイトに掲載されていないとダメなんですよね。

 

あなたの想いが お客さんに伝わらないと
その価値は拡散されないのです。

 

それができたときに 有益な情報が詰まったサイトになり、
自然と上位表示してくるのです。

 

その理由は お客さんが求めている情報が掲載されているからです。

 

 

有益な情報が詰まったサイトがあることで
アップデートが起きても 変動しないサイトになるのです。

 

リンク対策よりも コンテンツに投資をしていくことが大事です。

 

 

アクセスを増やすよりも 成約率を0.5%上げるほうが簡単です。

 

 

しっかりしたコンテンツを作って、
自然とユーザーに評価されて、
自然と検索エンジンに評価されてから、SEO外部対策をしていくことが大事です。

 

「あなたのその問題は私が・弊社が解決できます!」
「なぜならば、こうだからですよ」と
正しく伝えて、理解してもらって、
そして、問題 悩み 願望を解決させるという価値を与えて、
対価を貰う必要がある。

 

 

じゃあ、成約率の高いコンテンツを作るためには
何が必要なのか?

 

 

1.商品・サービスを理解すること

 

どこで作られ 材料はどんなものを使用して
どんな物流でどこからどこへ来たのか?

 

商品・サービスを理解することで大事なこと

 

1.調査 リサーチ
2.実際に使い込む サービスを受けること
3.その情報を整理する

 

 

1.調査 リサーチ

 

ターゲットになる人たちが集まっているSNS 掲示板 コミュニティー 雑誌

 

こういうのから情報を得る。

 

何が話題になり、何を話しているのか
どんな疑問があるのか?

 

そして、書き込みや記事をどんな言葉を使っているのか?

 

 

何気ない疑問や言葉に気を付けて、
その単語やフレーズを多く見つけること。

 

 

2.実際に使い込む サービスを受けること

 

使用してみることで わかることをメモしとくことが大事

 

耐久性はどうなのか?
どんなところが弱いのか?
強度は?
食べ物なら 食べ合わせ アレルギー 臭い 食感 触感

 

色々してみると 感情が出てくると思いますので メモする。

 

 

3.整理する

 

今まで調査したことを整理する

 

色々な言葉 フレーズが出てきますよね。

 

 

自分は何を提供しようとしているのか?

 

それはどういうものなのか?

 

どんな価値があるのか?

 

誰がお客さんなのか?

 

お客さんは 何を求めているのか?

 

どんなことに注目しているのか?

 

どんな疑問があるのか?

 

 

出てきたものがキーワードになるんですよ

 

これがユーザーに響く言葉になります。

 

 

サイトのテキスト構成について

 

1.メインキーワード

 

2.特徴を表すワード(複合ワード)

 

3.ユーザーに響く・ユーザーが反応する言葉

 

4.それ以外

 

 

普通に複合キーワードを調べてきめても、
売上にはつながらないですよね。

 


保湿クリーム のサイトだとすると
保湿クリーム ニキビ は 普通に見つかりますよね。

 

 

調べていくうちに 基礎化粧品というキーワードが
よく出てくるとしたら、このキーワードを使うんですよ。

 

実際に 「保湿クリーム ニキビ 基礎化粧品」 を検索してみるんですよ
検索数が少なくてもいいので この複合キーワードを使うんですよ。

 

 

3.4階層深堀することが大事。

 

 

調査してるときに 人の感情・悩み疑問 興味 がみつかるので
このフレーズ 言葉を集めるんですよ。

 

 

反応率を上げる方法

 

1.大見出し
ヘッド部分 キャッチ部分 大見出し

 

h1タグ
商品 サービスの直接的なキーワードを入れること
リサーチしてきたときに出てきたフレーズ 見込み客に響く言葉を入れる。

 

 

商品・サービスを利用すると、 あなたに何をもたらすのか?
どんな商品・サービス?

 

h1タグ で 提供している 商品・サービス がどんなものなのか?
何を解決できるのかを書くことが大事。

 

 

2.中見出し

 

h2 h3 h4

 

ここは お客さんの興味の引くワードを使うこと。

 

リサーチした時に出てきた お客さんの言葉をそのまま使うこと

 

すでにお客さんが 商品・サービスを使用したことを前提にして、
お客さんが言うであろう言葉を使うことが大事。

 

3.特徴

 

文章で書くよりも
過剰書きにするほうが わかりやすく伝わります。

 

お客さんが商品・サービスを使うことで
どんな役に立つのかをわかりやすく書くことが大事。

 

どんなシーンで どれくらいの機能が使えるのか?

 

 

お客さんが使用しているイメージを見せてあげること

 

なぜそうなのかを伝えること。

 

 

お客さんに信用してもらうには

 

1、権威付け
2、画像
3、言い切る
4、プロであることをアピールする
5、根拠を述べる

 

1、権威付け
社会的証明

 

どんなひとがどんなことを言っているのかを証明すること

 

その分野の専門家から商品・サービスについてのコメントを貰うこと
または 引用すること。(出典先も掲載すること)

 

専門家もこう言っていますよ!
同じ考えを共有していますよ。

 

商品・サービスの提供が正しいことを裏つける証明になります。

 

文献 グラフなどでもいいです。

 

 

 

2,画像

 

どんな画像がいいのかというと
商品・サービス内容がわかる画像

 

リアルな画像

 

イメージがしやすい画像

 

 

altタグを必ずいれること

 

商品名だけでなく、型番も入れとくこと

 

 

 

3,自身をもって言い切る

 

商品・サービスを自分で理解していれば、商品とその周辺の情報にも詳しくなるし
自信をもってお客さんに説明もできるということです。

 

 

4、プロであることをアピールすること

 

用語集・知識集・そのジャンルの豆知識みたいな情報を公開していくことも大事

 

専門用語を詳細に説明するなど

 

ユーザー目線に立って」、内容を充実させること

 

 

5、根拠を述べる

 

なぜ、こういう結果が出せたのか?

 

この根拠を関連キーワードを使いながら説明していく

 

 

読みやすい文章にすること

 

記事作成をするうえで、
何を書けばいいのか わからないという人がいますが
これは 調査不足です。

 

自分で 色々と調べていくうちに
問題 需要 特徴が出てきます。

 

 

文章の作成は
見出しを全部作成してから 内容を考えたほうがいいですよ

 

こういう問題ないですか?
その問題 こんな解決方法ができますよ。

 

TOPへ